株口座の特定口座ってデメリットもあるのね

株取引してるけど利益がなかなかでない00Fateです。

社会人だと、会社に株取引がばれたくないと言う事で特定口座を利用する方が多いと思われますが、デメリットがある事を知りました。

それは、利益が課税されない20万円未満であった場合、

その利益を、特定口座で出した場合に毎取引時に引かれる20%の控除額は”帰ってこない”と言う事です。

株に興味がある方なら、20万以上の利益を出した場合に利益分の20%を確定申告して税金を払わないといけないと言う事はご存知あるかと思います。

逆に、通常であれば20万未満の利益は税金が掛からないのです。

しかし、特定口座での株取引は、取引時利益が出る度に利益分の20%が控除されます。

この控除には、雑所得20万未満というのは関係が無いので年間利益が20万未満であった場合払い損になります。

さらに、損益がマイナスになった場合ですが。

次年度も特定口座のまま取引するのであれば、通算して損益を相殺することが出来ないと言う事でもあるので

1. 年間20万以上の利益を絶対に挙げられる人

2. マイナスになった場合に次年度の相殺を希望しない人

3. 20万未満の場合に取られる控除額を気にしない人

であれば特定口座がおすすめと言う事になります。

私も、特定口座で口座を開設しているので後悔をしています。

しかし、知らなかった自分が悪いので、仕方ないかという気持ちもあります。

20万以上の利益を出した場合に、確定申告を自分でやらなくてはならない事と会社に所得を合算して通達される可能性がある事を考えると

例え年間で出した利益が19万9999円で、約4万円の控除が払い損になってしまったとしても、私は保険料として安いと考えます。

株取引が副業かどうかという話はありますが、副業禁止の会社の場合に株取引を副業認定されると闘うのに時間が掛かりますし、なにより面倒です。

結局の所、ご自身の状況に応じて口座は選択するといいと思います。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする