大学に提出する就職先情報が面倒すぎる件

大学より、就職状況についての質問提出を求められたが、面倒すぎてどうしようか迷っている00Fateです。

私の就職先は恐らく、OBはあまり居ない(もしかしたら0人)の企業なので後輩にとってはレアな情報になる為に記入するのは良いのですが、いかんせん質問内容が多すぎます。

例えば、「企業のエントリー開始日」・「提出したもの」・「志望動機」・「面接で聞かれたこと」などです。

また、私の就活スタイルは、「自分の事を正直に話して、自分とマッチする起業から内定が出れば就職する。」というものでした。

さらに、対人での面接の練習はせず聞かれた事に対して素直に答えました。

よって、先輩が記入した情報を面接の事前情報として利用したことがありません。

つまり、就職課はこういった情報を集め、企業の好みの面接対応を学生が出来る様に情報を集めている訳ですが、私はあまりこういったやり方は好きでは無いのです。

もちろん、一定のルールの上で就活という椅子取りゲームに勝つには、情報は武器になる事は分かっています。

しかし、「もしかしたら一生その企業で働くかもしれない」と考えた時に、その場で自分を繕って入社出来たとして本当に幸せなのでしょうか?

これについて意見が割れる事は知っていますので、討論をしようという訳ではありません。

それに、私も実際に入ってみて、度が過ぎたブラック企業だったなら転職考えますし。

ここまで記載しておいて難ですが、私は内定を二つ貰い片方を蹴るときの材料に、先輩が実際に働いた際の感想や残業時間等のレポート(就業調査表)はチェックしました。

これは、企業から内定を貰う為の事前情報ではなく、内定を貰った後の企業選びの際に判断材料として利用しました。

なので、就業状況報告に関しては後輩の為にキッチリ、嘘・偽りなく書くつもりでいます。

それは、自分と一緒に働くかもしれない後輩が、合うか・合わないかの判断材料にしてもらいたいからです。

要するに私が言いたいのは、

「企業選びは、合うか合わないかで決めろ」って事です。

(平均年収とか休日日数なんかも含めて選んだ方が良いですが、エントリーの時点で合わなければ、自ずと弾くと思います。)

ここまで書いておいて難ですが、大学へは今回の就職先情報を提出するつもりでいます。

それは、「お世話になっている大学の頼み」である事と私自身にとって必要な事だからです。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする