ソニー銀行を開設した

4月から社会人となるため、今のうちに準備をいろいろとしております。

その中で今回は、お金の管理について記事を書こうと思います。

前提

私は今現在

・住信SBIネット銀行

・三菱東京UFJ銀行

・ゆうちょ銀行

・横浜銀行

の4行の口座を保有しております。

会社の給与受取銀行の指定がない場合、給与受け取りに利用しようと考えている銀行は住信SBIネット銀行です。

また、10月より返済予定の奨学金に割り当てているリレー口座は、三菱東京UFJ銀行となっています。

ゆうちょ銀行ならびに、横浜銀行の2行は今後利用する予定はありません。

以上を踏まえ、私がなぜソニー銀行を開設したのかをまとめます。

また、「奨学金返済の為の資金移動自動化準備」を次回にまとめます。

ソニー銀行開設理由

私が、ソニー銀行を開設した理由はいくつかあります。

1点目は、”おまかせ入金サービス”

2点目は、ATM手数料の安さ

です。

順番に私の構想を記述します。

おまかせ入金サービスを利用した生活費の分離

ソニー銀行には、おまかせ入金サービスというサービスがあります。

これは、自分が保有している別の銀行口座より、特定の日に設定した金額を引き落とし、ソニー銀行へ資金を移動するというサービスです。

このおまかせ入金サービスを利用するモデルとして、貯蓄に利用するモデルばかり紹介されています。

しかし、ハブ口座として優秀な住信SBIネット銀行を給与受け取りの口座とし、この口座より生活費をソニー銀行へおまかせ入金サービスを利用し移す事で生活費を銀行ごと分離可能になります。

会社(給与)

住信SBIネット銀行
おまかせ入金サービスを利用し生活費を送金
ソニー銀行

よって、私の場合は、住信SBIネット銀行を給与受け取り・貯蓄用口座として利用することができます。

また、基本的に普段持ち運ぶキャッシュカードは、ソニー銀行のものだけで良くなります。

ATM手数料

ソニー銀行ではATM手数料が引き出しに関して、

セブン銀行・イオン銀行は無料(無制限)

他利用可能ATMでは月4回まで無料です。

これは、他銀行を凌駕するサービスとなっております。

なお、預入は無料です。

(2017 年 2 月 15 日現在)

以上を踏まえ、今回口座を開設する運びとなりました。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする