なぜか、今初めて蝋人形の館を見た

「今日は、祝日だ!! わーい わーい」

と言う事で、蝋人形の館という2005年のホラー映画(というかグロ映画?)を見ました。

rouningyou

なぜ、見ようと思ったのかは自分でも覚えてない怖い( ^ω^)・・・

作品の単純な感想だけを言えば、

悪寒がしてくるような怖さ

そして、グロさ

だけど、ストーリー性がキッチリしてたり、カメラワークや見せ方がとても上手い

見てて飽きない映画でした。

冒頭の方は、アメフト見に行くって話だったのに、

村に入った途端にいきなりホラー展開にシフトした時は笑えませんでした。

誰も居ない村って怖いですね・・・(見た人ならこの怖さは絶対に共感出来るはず)

といっても、確実にR15指定が掛かるようなグロ映画なので、見る人は注意が必要です。

今頃、この映画を見る人が居るとも思えませんけど。

ちなみに、私の中でポイント高かった点は

死に方や死体の見せ方が、とても上手いと感じる事。

それから、人間の恐怖を煽る見せ方って、本当に怖いなぁと言う事。

要するに、ホラー好きかどうかで面白さが変わってくるって事です。

ちなみに、私はホラーはあまり見ませんがw

それにしても、祝日なのにこんな作品見るんじゃなかった・・・

最後まで、怖すぎるよ・・・

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする