Anker PowerPort10にした

Anker PowerPort10を購入

前に、充電器欲しいという日記を書いた次の日の12月31日に注文したのですが

なんと、1月2日に届きました。

年末年始だしもっと遅く来るだろうと思っていましたが、日本の流通の力がすげぇのか。

それとも、異常なのか・・・

それはさておき、商品について簡単に説明。

スペック

・充電ポート数 10口

・総合計ワット数 60W

・一口あたりの充電性能 最大2.4A × 5V = 12W

・サイズ 112×68×27mm

・保証期間18か月

注意点

総合計ワット数が60Wで一口当たりの性能が12Wです。

よって、iPadのような12Wの性能が充電器に求められる場合は、iPadを10ポート全てに接続した場合で最大5台までの充電になります。6台目以降は充電されない可能性があると言う事。

しかし、5台以上もiPad持ってる人などそうそう居ないでしょうから基本的に気にする必要はありません。

これは、あくまで理論上なので、必ずしもという訳ではありません。

もちろん、一般的なスマホ(Android・iPhone・WindowsPhone)や端末を10台挿した場合、すべて正常に充電されます。

この製品の特筆すべき点は 大きさ

iPhone 6sと比べると以下の様な感じ。

iPhone 6sより、一回り程小さいサイズに10ポートもの充電口が備わっているのは恐らくAnkerだけ。

(横幅だけ少しiPhone 6sより大きい)

 

総評

詳しいレビューなど、他のサイトに一杯あるので紹介はこの辺にしておいて

私の評価ですが

これは、文句なしに100点ですね。

これ以上小さくしてもらわなくていいし、逆に怖い(「安全回路省いてんじゃね?」みたいな)

60W使えるのにコイル泣きもしないところがGood

電源が付いてるのも、内部にブレーカーが仕込んであって過電圧状態になると、充電器内のブレーカーが落ちる様になっていて

万が一、安全装置が作動した場合、電源をオンオフすれば復旧するようになっている為なので必要かと思います。

さらに、手の入りにくい所にコンセントがあっても安心して設置出来るという点でもGood

そもそも、電源必要ない場合も点けっぱなしにしておけば同じこと。

今回は、買って正解でした。

というか、もっと早く買えば良かったと後悔するレベル・・・

こうなってくると、10ポートすべてにリール式のケーブル用意したくなってくる。

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする