WordPressで500エラーが表示される【パーミッション設定】

WordPressのネタが最近多い気がする00Fateです。

apt-get install upgradeによりphp他をアップグレードし、

サーバーを再起動したら私のサイトが一切見えなくなり、

”サイトが機能していません”たる文言が・・・・・・

いやぁ、焦りましたね

色々、弄り倒した結果ある設定が問題を起こしていたようです。

しかし、その設定は再起動するときに初めて読み込まれるようで・・・・・・

結果的には、”wp-config.php”がエラーを吐いた原因のようです。

というのも、サーバーを再起動する相当前にセキュリティレベルを上げる為に”wp-config.php”のパーミッションを”600″に設定していたのが原因でした。

Apache起動後、WordPressの初回起動時に一度だけ”wp-config.php”が読み込まれるようで、その際、ユーザー権限エラーで設定が読み出せず、サイトが機能せずに”サイトが機能していません”

と表示されたようです。

いったんパーミッションをユーザーが読めるように、あとrootが実行出来るように”604″へ変更しApacheを再起動したら治りました。

勿論、パーミッションは起動後元に戻しました。

今現在は起動し続けている事を確認出来ているので、

初回起動時にユーザー権限が無いと表示されないようです。

同じ現象の方は確かめてみては。

それにしても、良かった良かった・・・

解決までに3時間ほどかかりましたが、自分が編集した内容を忘れたりすると痛い目に合う事を実感。

WordPressの仕様を理解していないと陥る罠ですな。

危うく、また初めからでしたよw

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする