幼女戦記どうした?万策尽きたか??【7回(6.5話)でまさかの総集編】

幼女戦記は今期一面白いアニメとして以前紹介しましたが、まだ半分というところでまさかの総集編になりました。

いままで、こんなことってありましたでしょうか?

全12話だとして、総集編など挟む理由がどこにありますでしょうか?

まさかの出来事に失望しました。

この先、7話以降が不安でしかたのない展開となってしまった幼女戦記ですが一体どうなることやら

まぁ、幼女戦記は1話から6話まで順当に見た人間を蔑ろにしたわけだが

まさか、同じ値段でこの話を入れた円盤を出すわけないよな?

もし、そうであれば視聴者への冒涜というものだぞ?

とまぁ、そんな感じですね

ターニャ・デグレチャフがコーヒーを飲んでるシーン以外、全くもって新しい描き下ろしはなかった

逆に言えば、6.5話は「一緒にコーヒー飲みながら見たい」ってやつ以外は時間の無駄となる

もしくは、まだ幼女戦記見てない奴に、これからおすすめするとすれば6.5話から見ればなんとなく分かるので

「幼女戦記面白いぞ」

「いやぁ、今期違うアニメ見てるんで。。。」

「分かった、とりあえず6.5話から見ろ」

という幼女の押し付けが可能な点だけは褒め称えるべきであろう。

もちろん、6.5話を見て面白いとそいつが感じたのなら、1話から6話まで見せればいいのだ

まぁ、つまるところ

きちんと追って見てる人間には、殆ど意味のない話だった

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする