カバネリ10話感想【攻め上ぐ弱者】

カバネリ10話を見終わって私の感情はかなり複雑です・・・

カバネリ

全体の流れの予想してましたが

まさか、無名が無名の形で対峙するとは思ってませんでした。

無名は生駒の本当の妹かなぁとか変な予想してたのに、

そういった描写は無く

良い奴(弱者)からどんどん死んでいって

淡々と仲間の裏切りを多角的視点で見せられ続けて

最終的に生駒はどうなったのか・・・

早く、次話が気になる

生駒が死んでるという事は無いでしょうが、

今後の展開はどうなることやら

そういえば、

生駒は右手を吹っ飛ばされましたけど

なぜか、ギルティクラウンの「俺の王の力がぁぁ」を思い出してしまった・・・

スポンサーリンク
レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告

シェアする

フォローする